パンダコパンダ

  • ニュース
  • イントロダクション
  • あらすじ
  • キャラクター
  • 動画配信
閉じる
メニュー

イントロダクション

パンダコパンダ場面写
パンダコパンダ場面写

ここは日本、東京の郊外です。
美しい田園のひろがる街、まるでおとぎ話の世界のようです。
お城のように素敵な小さなお家に、素敵な少女ミミ子が、おばあちゃんと暮らしています。
ある日、おばあちゃんが法事で田舎に出かけ、ひとりでお留守番をするミミ子のお家に、パンダの親子がやってきて一緒に暮らし始めます。それが、パンダコパンダです。
ミミ子はコパンダにとってママ、パパンダはミミ子にとってパパになりました。
こうして、おかしな、ゆかいな物語が始まります。

  • パンダコパンダ場面写
  • パンダコパンダ場面写
  • パンダコパンダ場面写
  • パンダコパンダ場面写
  • パンダコパンダ場面写
  • パンダコパンダ場面写
  • パンダコパンダ場面写
  • パンダコパンダ場面写
  • パンダコパンダ場面写
  • パンダコパンダ場面写

パンダコパンダとは

パンダコパンダ場面写
パンダコパンダ場面写

パンダブーム真っ只中の1972年に劇場公開された、宮崎駿&高畑勲コンビによるオリジナル中編アニメーション。天真爛漫な女の子・ミミ子とパンダ父子の奇妙で楽しい家族生活を生き生きとユーモアたっぷりに描き出す。
童話『長くつ下のピッピ』の世界観にインスピレーションを受けた宮崎駿が原案・脚本・画面設定を手掛け高畑勲が演出を担当。
後の高畑・宮崎作品の源流とも言われ今なお愛され続ける超名作ファンタジー。

作者のことば

演出:高畑勲

これは、二十年以上もまえにつくった映画だけれど、いまもぼくたちにとってたいへん大切な作品だと考えています。それは、このあとにしたいろんな仕事のおおもとになった映画だからです。
ぼくたち、というのは、この映画を作ったなかまのことです。
みんなまだ若くて、気持ちがかよいあっていて、やる気もじゅうぶんで、おもしろい映画を作ろうとはりきっていたなかまでした。みなさんにもいいなかまができるといいですね。

この映画は、こんなことがあったら、こんなことに出あえたら、つまりこんなお客さんが来たらどんなにいいだろうな、ワクワクするだろうな、とぼくたちじしんが思ったことを、できるだけほんとうにあったようなかんじに作ろうとしたものです。そうすればきっとみなさんにもワクワクしてもらえると考えたからです。
ところで、遠足に行って、とつぜんのにわか雨でさんざんな目にあったことはありませんか。
からっと晴れた日のたのしい遠足ももちろんステキだけれど、どしゃぶりのなかを走ってびしょぬれ、泥だらけになった遠足だっておもしろいんですよ。お客さんといっても人だけじゃないんです。
いつもとおなじでないことならなんでもお客さんです。ちょっとふうがわりだったり、ちょっとイヤなかんじだったりしても、ほんとうはそのなかに、とってもいいことやおもしろいことがかくされているかもしれません。がっかりしたり、かなしかったり、つらいおもいをしたりすることでさえ、心いっぱいにうけとめれば、きっとあとで、いいお客さんだったことがわかります。

パパンダさんやパンちゃんやトラちゃんや、すみきったおおみずやサーカス団ははじめからステキなお客さんですから、だれも見のがすはずはありませんね。
でも、どうか、じぶんのみのまわりでおこる、なんでもないような小さなことにも、いきいきと眼を光らせて、なんでもワクワク楽しんじゃおうという気持ちを忘れないでくださいね。
そして、いつものくらしのなかにひょっこりやって来るお客さんをついやりすごして、ステキなおつきあいをせずにすましてしまったりしないようにこころがけてくださいね。
【『ジス・イズ アニメーション パンダコパンダ』(小学館・1994年)において、子どもたちに向けて贈られたコメントより】

パンダコパンダ場面写
パンダコパンダ場面写
トップへ戻る